内服、外用、育毛シャンプー、三位一体の育毛効果について

内服、外用、育毛シャンプー、三位一体の育毛効果について

育毛剤は大きく3種類に大別することが出来ます。

まずひとつが内服するタイプの育毛剤で、錠剤であったりドリンクであったりすることが一般的です。次が外用タイプの育毛剤で、薄毛の箇所に有効成分を塗布することで効果を期待するタイプです。

最後がヘアケアタイプの育毛剤で、医薬品に分類されないものが多く、 育毛を期待するというよりは、育毛に良い環境を整えるためのもので、代表的なものが育毛シャンプーです。

内服タイプと外用タイプは基本的に医薬品に分類されており、 効果が高い反面、刺激も強いので、医師の指導が必要な場合があります。

それぞれに特徴があるのですが、育毛をしていく上で大切なことは、3種類全てを効果的に使うことです。 たとえば内服タイプの育毛剤の代表がプロペシアで、外用タイプの代表がロゲインですが、この2種類を同時に使うことで相乗効果を見込めます。

プロペシアは薄毛治療の革命とも呼ばれている医薬品で、 服用した人の98%が3年間薄毛の改善もしくは維持を認めています。

多くの人が、プロペシアを内服することで、薄毛の進行を止められますが、 進行を止めるだけで、改善には至らないという人が2割以上いることも現実です。そのような人たちも外用型の育毛剤を併用することで、薄毛改善効果が飛躍的に増すわけです。 

外用タイプの育毛剤を使う前に心がけたいのが、頭皮環境の健全化です。 従来のシャンプーは、シリコンといった石油系の成分が、頭皮をコーティングしてしまい、外用タイプの育毛剤の成分が十分浸透しないという問題があります。そのような弊害を防ぐためには余計な成分の入っていない育毛シャンプーが有効です。 

内服タイプと外用タイプの育毛医薬品、頭皮を健全な環境に整える育毛シャンプー 、この3種類を併用すればほとんどの人が育毛効果を実感出来るはずです。

薄毛対策
公開日:

おすすめの商品

亜鉛EX スカルプD サプリメント 120 粒入り(60日分)

脱育毛剤!亜鉛サプリメントで薄毛対策 私は、育毛剤を使っていましたが、最近、亜鉛のサプリメントで抜

レビューを読む

カウブランド 無添加シャンプーポンプ 550ml

最近、髪の毛がよく抜けると感じるようになってきたので、なにか効果のあるものを探していました。育毛とい

レビューを読む

スカルプケア薬用シャンプー600ml

最近、育毛シャンプーを使っています。年齢とともに、髪の毛が少なくなって来てしまって、とても困っていま

レビューを読む

関連記事

薄毛対策の基礎!食生活と生活リズムを改善して抜け毛を予防する

薄毛対策の基礎!食生活と生活リズムを改善して抜け毛を予防する

昔から健康体で病院にお世話になることはなかったのですが、最近の唯一の悩みは薄毛です。 &nbs

記事を読む

食生活改善と育毛シャンプーで薄毛に立ち向かう

食生活改善と育毛シャンプーで薄毛に立ち向かう

私はかなり若いころから白髪が増え、自宅で白髪染めをしていました。しかし、悩みは髪の色だけで、髪の量に

記事を読む

育毛剤を試す前に育毛に効果的な栄養素を知ろう

育毛剤を試す前に育毛に効果的な栄養素を知ろう

昔から髪に良い食品といえばワカメや昆布といった海草類だといわれています。 海藻類に含まれている

記事を読む

紫外線が薄毛を促進させる

紫外線が薄毛を促進させる

紫外線は人間の身体に対して百害あって一理なしです。 外出をする際に巷の噂などでは、薄毛対策とし

記事を読む

頭皮環境を整えることが重要!毎日のシャンプーで育毛対策

頭皮環境を整えることが重要!毎日のシャンプーで育毛対策

頭皮環境の乱れは薄毛や不必要な抜け毛を生じさせます。それで頭皮環境を整えることは、育毛につながるため

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

毎日コツコツが大切!頭皮マッサージの繰り返しで薄毛改善
毎日コツコツが大切!頭皮マッサージの繰り返しで薄毛改善

若い頃から薄毛に悩まされており、どのようにすれば薄毛が改善されるのかば

体の健康は髪の毛と密接につながっています

薄毛で悩んでいる方にお聞きします。不規則な睡眠をしていませんか?

育毛剤の効果を最大限に引き出す方法
育毛剤の効果を最大限に引き出す方法

薄毛になってしまったときの対処法としては、育毛剤を使う、と言うのが一番

頭の洗い方一つで出来る育毛対策

抜け毛の多い人や薄毛の人の多くが入浴時の頭の洗い方が悪い人ばかり。ムダ

薄毛を改善したくて湯シャンを3ヶ月続けた結果

22歳の頃、仕事のストレスで前髪がM字気味になっており、とても憂鬱でし

→もっと見る

PAGE TOP ↑