内服、外用、育毛シャンプー、三位一体の育毛効果について

内服、外用、育毛シャンプー、三位一体の育毛効果について

育毛剤は大きく3種類に大別することが出来ます。

まずひとつが内服するタイプの育毛剤で、錠剤であったりドリンクであったりすることが一般的です。次が外用タイプの育毛剤で、薄毛の箇所に有効成分を塗布することで効果を期待するタイプです。

最後がヘアケアタイプの育毛剤で、医薬品に分類されないものが多く、 育毛を期待するというよりは、育毛に良い環境を整えるためのもので、代表的なものが育毛シャンプーです。

内服タイプと外用タイプは基本的に医薬品に分類されており、 効果が高い反面、刺激も強いので、医師の指導が必要な場合があります。

それぞれに特徴があるのですが、育毛をしていく上で大切なことは、3種類全てを効果的に使うことです。 たとえば内服タイプの育毛剤の代表がプロペシアで、外用タイプの代表がロゲインですが、この2種類を同時に使うことで相乗効果を見込めます。

プロペシアは薄毛治療の革命とも呼ばれている医薬品で、 服用した人の98%が3年間薄毛の改善もしくは維持を認めています。

多くの人が、プロペシアを内服することで、薄毛の進行を止められますが、 進行を止めるだけで、改善には至らないという人が2割以上いることも現実です。そのような人たちも外用型の育毛剤を併用することで、薄毛改善効果が飛躍的に増すわけです。 

外用タイプの育毛剤を使う前に心がけたいのが、頭皮環境の健全化です。 従来のシャンプーは、シリコンといった石油系の成分が、頭皮をコーティングしてしまい、外用タイプの育毛剤の成分が十分浸透しないという問題があります。そのような弊害を防ぐためには余計な成分の入っていない育毛シャンプーが有効です。 

内服タイプと外用タイプの育毛医薬品、頭皮を健全な環境に整える育毛シャンプー 、この3種類を併用すればほとんどの人が育毛効果を実感出来るはずです。

薄毛対策
公開日:

おすすめの商品

シャンプー&パックコンディショナー スカルプD オイリーセット [脂性肌用]

私も長いこと薄毛に悩まされている一人ですので、自分が今までに行ってみた薄毛対策を書いてみようと思いま

レビューを読む

ディアナチュラ ノコギリヤシwithトマトリコピン 60粒

みなさんは現在薄毛で悩んでますでしょうか。おそらく世の中の多くの男性は薄毛で悩まれていると思います。

レビューを読む

M-mark アミノ酸せっけんシャンプーポンプ600mL

シャンプーを変えれば薄毛の進行が抑えられるという話は本当です。シャンプーには薄毛を進行させる悪い成分

レビューを読む

関連記事

薄毛を隠すのは悪循環の始まり!育毛シャンプーでしっかりとケアを

薄毛を隠すのは悪循環の始まり!育毛シャンプーでしっかりとケアを

最近スカルプシャンプーが流行りだし、育毛について関心を持ち出しました。 おばさんがカツラをかぶ

記事を読む

抜け毛が気になる方のための育毛対策

抜け毛が気になる方のための育毛対策

10代のころは抜け毛なんて気にもしていなかったという方がほとんどではないでしょうか。頭髪が薄いおじさ

記事を読む

育毛と正しい生活習慣の関係性

育毛と正しい生活習慣の関係性

育毛にこれから取り組もうとお考えの方、あるいはもうすでに実践されている方へ、育毛と生活習慣をテーマに

記事を読む

生活習慣の改善とストレス解消で薄毛対策

生活習慣の改善とストレス解消で薄毛対策

40代になり、髪の毛の量がだんだんと減ってきました。10代、20代の頃は、髪の毛の量が多くてまとまら

記事を読む

体の健康は髪の毛と密接につながっています

体の健康は髪の毛と密接につながっています

薄毛で悩んでいる方にお聞きします。不規則な睡眠をしていませんか? 睡眠と薄毛に関係はあるのでし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

毎日コツコツが大切!頭皮マッサージの繰り返しで薄毛改善
毎日コツコツが大切!頭皮マッサージの繰り返しで薄毛改善

若い頃から薄毛に悩まされており、どのようにすれば薄毛が改善されるのかば

体の健康は髪の毛と密接につながっています

薄毛で悩んでいる方にお聞きします。不規則な睡眠をしていませんか?

育毛剤の効果を最大限に引き出す方法
育毛剤の効果を最大限に引き出す方法

薄毛になってしまったときの対処法としては、育毛剤を使う、と言うのが一番

頭の洗い方一つで出来る育毛対策

抜け毛の多い人や薄毛の人の多くが入浴時の頭の洗い方が悪い人ばかり。ムダ

薄毛を改善したくて湯シャンを3ヶ月続けた結果

22歳の頃、仕事のストレスで前髪がM字気味になっており、とても憂鬱でし

→もっと見る

PAGE TOP ↑